物流コストを削減すると業務効率化につながる!課題と解決方法を紹介

物流コストとは​

物流コストとは、商品が倉庫に入荷してから消費者の手元に届くまでの、物流業務全般にかかるコストを指します。支払い形態としては以下の2つに大別されます。

 

  • 支払いコスト……運送費、保管費など
  • 社内物流コスト(内部コスト)……人件費など

例えば配送する際に宅配便などを利用すれば支払いコストに、自社トラックを使えば社内物流コストとして考えます。

また、物流コストというと配送コストがイメージしやすいですが、それ以外にも様々な費用が物流コストとして形状されます。

 

 

物流コストの内訳​

物流コストの削減などを考える際にポイントとなるのが、何をするためにいくらかかったのかという点です。機能別のコストと呼ばれることもあります。それぞれの内訳を紹介します。

 

 

運送費​

輸送費は商品の輸送にかかる費用です。宅配時のコストだけでなく、入荷の際の輸送費なども含まれます。場合によっては船や飛行機などでの輸送になり、物流コストの中でも高い割合を占めていて、コスト削減の際には真っ先に見直されるコストです。

 

また、燃料費なども関わってくるので、時勢の影響も受けます。

 

 

保管費​

倉庫などに商品を保管するにあたり、必要になる費用です。次のようなものが含まれます。

  • 倉庫レンタル料
  • 商品管理費
  • 入出庫料

保管費用については費用の計算方法が2種類あります。

  • 寄託保管料……商品数やサイズ、重量と保管日数をもとに算出
  • 坪貸し保管料……使用するスペースの広さと坪単価をもとに算出

どちらの保管費の算出方法が良いのかは、取り扱う商品によって違います。

 

 

荷役費​

商品を物流拠点に入荷・出荷など、荷物の積み下ろし作業にかかる費用です。以下のようなものがあります。

  • 入庫費……1ケースあたりの入庫費用と入庫数をもとに算出
  • 出庫費……ピッキング料と呼ばれることも
  • 流通加工費……タグやシール付、ラッピングなど

輸出の場合はその他の諸経費がかかる場合もあります。

 

 

人件費​

物流業務に関わる作業をしているスタッフの給料は人件費として考えます。梱包や配送業務を担当しているスタッフだけでなく、物流システムの管理をしているスタッフなども対象です。

 

人件費の計算は、社内スタッフの何人が何時間程度、物流業務を担当しているのかという点を計算が必要で、簡単にはいきません。しかし、コスト削減のためにはできるだけ詳細な数字を求めるのが良いでしょう。

 

物流コストの中でも大きな割合を占めています。

 

 

梱包費​

梱包費とは梱包資材の購入費用を指します。外注している場合は人件費が梱包費に含まれる場合もあります。

 

 

物流コストを削減する際の課題と解決方法​

物流コストを削減するにあたり、課題となる点と解決方法を紹介します。

 

 

適切な在庫管理​

適切な在庫管理ができていないために、物流コストの保管費が高くついている場合があります。以下のような例が挙げられます。

  • 欠品を恐れ、大量の在庫量を抱えている
  • 倉庫内整理ができていないため、ピックアップに時間がかかったり賃貸料がかかりすぎたりしている
  • 倉庫内で適切に管理できていないため商品が劣化し、販売できない

物流コストに悩む企業で上記のような点が思い当たる場合、適切な在庫管理方法を知り、実行することで課題を解決できる可能性があります。課題解決のためには以下のような方法があります。

 

  • 物流業務のルールやフローを見直し、徹底する
  • 在庫管理システムを導入する

参考:在庫管理とは?そのメリットやよくある課題の解決法をご紹介。

 

ルールやフローを見直すことで無駄が省かれ、守ることで効率的に仕事を進められます。特にベテランスタッフが専任で倉庫業務をになっている場合、ルール化されていない業務があり、新人スタッフでは対応しにくいです。慣習などもルール化し、誰でも同じように業務をおこなえるよう工夫します。

 

また、欠品しないように大量の在庫を抱えている場合は、在庫管理システムを導入しリアルタイムの在庫数を確認したり、データから需要を予測することで欠品を防げる場合があります。

 

在庫管理の方法・在庫管理システムについてはこちらの記事をご覧ください。
在庫管理とは〜WMS(在庫管理システム)を導入するメリット〜

 

 

人件費削減を目指す​

人件費は物流コストの中でも高い割合を占めており、削減できると効果が大きいです。以下のような課題が考えられます。

  • 人為的ミスが多く、ダブルチェックやミスの対応のための人件費がかかっている
  • 閑散期と繁忙期の物流量の差が大きく、繁忙期に合わせた数のスタッフを雇用している

これらの課題に対応するためには、以下のような方法が考えられます。

 

  • 在庫管理システムや機器を導入する
  • 物流業務をアウトソージングする

人為的ミスへの対応するには、ミスが出ている業務を機械化・自動化することで改善可能です。例としては、在庫管理システムやハンディターミナルなどの導入があげられます。

 

また、繁忙期の必要人数に合わせ、常に多くのスタッフを雇用しているということは、不要な人件費がかかり続けているということです。また、必要な場合だけアルバイトを雇っている場合も採用や教育にコストがかかっています。外注することで人件費が下げられる可能性があります。

 

 

拠点の集約​

 

複数の拠点がある企業では、次のような課題を感じている場合もあります。

 

  • 拠点が多く、管理費や維持費がかかる
  • 輸送コストの占める割合が高い

倉庫内の荷量を考え、どの拠点も余裕がある状況なら、拠点を集約してコスト削減を図ることが可能です。また、拠点を集約すると商品も集約されるので、輸送トラックの積載率をあげられます。同じ輸送額で多くの商品を運ぶことが可能です。

 

 

物流コストを削減すると業務効率化につながる​

物流コストの削減方法を紹介しましたが、これらは業務効率化にもつながります。業務効率化とは、「ムリ、ムダ、ムラ」を減らすことです。物流業務においては、業務効率化とコスト削減は直結します。

 

また、業務効率化すると、生産性の向上や働きやすくなったことによる社員の定着率アップなどのメリットもあります。

 

 

アウトソージングは物流コスト削減と業務効率化双方にメリットあり​​

社内で課題を洗い出し見直しをしてみても、物流コストの削減や業務効率化に効果を感じられない場合もあります。このような場合はアウトソージングを検討してみるのもおすすめです。

 

物流のアウトソージングにはさまざまな方法があり、すべてを任せるフルフィルメントから自社で負担となっている業務のみを外注する方法もあります。

 

物流をアウトソージングした場合の、具体的なメリットの一部を紹介します。

  • 物流ノウハウがあるためミスが減る
  • 適切な在庫管理で欠品や過剰在庫が起こりにくい
  • 物流量が急激に増えても、業務に慣れたスタッフで対応できる
  • 配送品質のアップにより顧客満足度がアップ

どれも物流コスト削減と業務効率化にメリットがあります。アウトソージングによって社内業務に余裕ができれば商品開発や販促企画などに力を入れることができ、より収益アップが見込めるという良い循環も生まれます。

 

物流代行の特徴やメリットについてはこちらの記事をご覧ください。

 

 

まとめ​

物流コストとは物流業務全般にかかるコストで、運送費や人件費が大きな割合を占めています。これらのコストを削減するためには、適切に在庫管理と人件費を減らせるような工夫、拠点の集約がポイントです。

 

また、物流コストを削減する方法は「ムリ、ムダ、ムラ」を見直すため、業務効率化にも効果があります。ただ、社内で物流コスト削減や業務効率化に取り組んでも、達成されないケースも多いです。その場合は物流をアウトソージングすることを検討してみてはどうでしょうか。

 

フルフィルメントサービスのXTORMは、ロジクラと佐川グローバルロジスティクスとが共同で提供しています。在庫管理ソフトで適切に在庫管理をしながら、EC注文を24時間365日自動出荷可能です。
受注管理システムと連携しているため入力ミスなどがなく、最先端ロボットによるスピーディな出荷業務をおこなえます。料金は従量課金制で初期費用がかからない点は、物流コスト削減で大きなメリットです。

 

XTORMのサービスについてはこちらからご覧ください。
XTORMの特徴

 

物流代行によって、出荷ミスなどをなくしながら、より効率的に在庫管理・発送などの作業を行い、コストを削減を進めましょう。