配送代行を検討するタイミングとは|業者の選び方も紹介

配送代行(フルフィルメントサービス)が生まれた背景

インターネットが普及し、オンラインで買い物をすることが一般的になりました。ネットショップ利用者が増えたため、必然的に売上もアップしています。

しかし、ネットショップでは売れれば売れるほど配送業務の負担が増えるため、人手不足に直結します。補うため全社で対応しようとすると、本来力をいれるべき商品開発や販促企画まで手が回らず、商品のクオリティーが下がる恐れがでてきました。

このような背景から配送業務を専門で代行する「配送代行(フルフィルメントサービス)」が生まれ、分業体制が取るショップが増えているのです。

 

配送代行とは?メリットとデメリットを紹介

配送代行とは、通信販売の配送業務を外注することです。メリットとデメリットを紹介します。

配送代行のメリット

配送代行のメリットには以下のようなものが挙げられます。

  • 商品開発や販促企画に力を入れられる
  • 注文量が増減したときに対応しやすい
  • 発送に関わるミスが減る

配送業務に使っていた人員や時間が、売上に直結する商品開発や販促企画に使えるのが最大のメリットです。また、季節性のある商品のように注文量が大きく増減する場合、期間限定で配送のためのアルバイトなどを雇って対応します。しかし、代行を頼んでいれば新規で雇う必要がなく、採用や教育のためのコストがかかりません。 配送業務は工程数が多くミスが出やすい業務ですが、専門の業者に任せることでミスを減らすこともできます。  

配送代行のデメリット

配送代行のデメリットは以下のようなものがあります。

  • 個人情報漏洩のリスク
  • 自社に発送ノウハウが蓄積されない
  • 個別対応が難しい場合がある

 

自社発送をしている場合、顧客の個人情報は社外秘です。しかし、発送代行を使うのなら個人情報も渡す必要があり、漏洩のリスクが上がります。そのため、セキュリティや信頼感のある配送企業に委託をすることが重要になってきます。

また、発送のノウハウが蓄積しないので、何かの事情があって自社で発送しなくてはいけない場合に適切な対応ができない可能性もあります。

自社発送では柔軟に個別対応していたものが、できなくなる可能性もあります。ラッピングやチラシの封入の他、顧客の希望する梱包方法などがある場合は、それに対応できる配送業者であるかどうかもチェックが必要となります

配送代行を検討するタイミング

配送代行を利用するかどうかは次の2点に注目して検討します。

  • 配送業務が忙しく、他の業務が疎かになっている
  • 配送コストがかかりすぎている

他にやるべき業務があるのに配送業務が忙しくて手が回らないなど、本来の業務が疎かになるのなら配送代行を検討するのが良いでしょう。

コスト面も重要です。同規模の同業者とくらべてもコストがかかりすぎているのなら、配送業務の何かがうまくいっていない可能性があります。

また、配送代行のコストと現在配送業務にかかっている費用を比較してみるのも重要です。配送業務には倉庫費や人件費などの大きな固定費がかかっているので、代行してもらった方がコスト削減になる例は多くあります。

 

配送代行で頼める作業

配送代行では以下のような業務を頼めます。

  • 入庫・検品
  • 商品保管
  • ピッキング・梱包
  • 配送
  • 在庫管理

配送代行業者によって対応しているサービスが違います。

業務のうち、どの部分を配送代行に頼むか考える

配送代行を頼むときは、どの業務を代行してもらったら自社の課題の解決につながるのかを考えます。

自社の課題を補う形で配送代行を利用することで、必要最低限のコストで最大限の効率化が見込めます。

 

「発送代行」

【徹底解説】配送代行の選び方

ここからは具体的にどのような観点で配送代行を選ぶと良いのか紹介します。

 

 

サービス事業者の強みに注目する

配送代行業者によって特長となるサービスが違います。

特長となるサービスの例

  • 海外発送への対応
  • ECサイトとの連携充実
  • カスタマー対応

自社が力を入れたいと思っている分野が得意な配送代行を選ぶことが、今後の発展に繋がります。

発送代行業者側システムとの連携

配送代行業者とのシステム連携は業務を削減するために重要です。連携しづらいシステムだと、業務が増えてしまったり、新たな課題が生まれたりする可能性があります。

また、社内のフローが大幅に変更になる場合は一時的にミスが増える可能性もあり、対応のための人員確保なども必要です。

発送代行業者との連携は個人情報の漏洩リスクにもつながるので、細かく確認してください。

 

対応可能な業務範囲を確認する

自社が依頼したい業務に対応可能なのか、将来的なビジョンも含めて確認することが大切です。業務内容については細かく確認します。

細かい業務内容の確認例

  • 商品保管時の温度
  • 配送業者
  • 出荷指示の締め時間

細かすぎると感じる内容でも事前に確認することで、スムーズに配送代行を依頼できます。  

荷物のサイズと料金

配送料金を安くするためには、荷物をなるべく小さくすると良いです。しかし、業者によっては小さなサイズを取り扱っていない場合もあります。お客様視点では「無駄に大きな箱で届く」というのはマイナス評価です。

自社が取り扱う商品をもっとも良い形で配送してくれる代行業者を選びます。

対応可能な商品数

対応可能な商品数も確認しておきます。特に、季節で注文数が大きく変動する商品を扱っている場合、セールや連休などのタイミングで予想以上の注文が入る可能性があります。

具体的にどれくらいの商品数に対応可能なのかを確認してください。

対応可能な商品内容

商品内容で確認したい項目は以下のようなポイントです。

  • 温度帯
  • 湿度帯
  • ビンなどの壊れやすいもの

特に複数のジャンルの商品を扱う場合は、自社の扱う製品全てに対応可能なのかをチェックします。

自社との相性

自社と倉庫の距離や休業日によって相性が悪い配送代行業者もあります。また、オプションを頻繁に使うのなら、少し金額が高くても基本料金内で同じサービスを提供してくれる業者の方が相性が良いかもしれません。

具体的にどのような発送があるのかシミュレーションすることが大切です。

5Sクオリティー(整理・整頓・清掃・清潔・躾)

最後になりましたが、仕事効率化の基本である5Sクオリティーはしっかり確認します。

倉庫業務では整理・整頓による作業効率の差が大きいです。スピーディーな配送をするためのポイントと言えます。また、お客様のもとに商品を届けるという点では、清掃と清潔さは重視したい点です。

配送の品質を安定させるための重要な要素なので、「仕事を任せたい」と思える配送代行業者を選んでください。

配送代行サービスの代表的な分類

発送代行サービスは大きく以下の3つに分類できます。

タイプ①物流倉庫に集約

複数の倉庫業者と提携している業者が提供する配送代行サービスです。

  • 受注管理はネットショップ側
  • 商品の出荷・配送、在庫管理を代行

全国に提携倉庫がある業者であれば、配送先に近い倉庫を利用できるので費用を抑えられるのがメリットです。受注業務に課題はなく、物流倉庫の業務を効率化させたい方に向いています。

タイプ②個別倉庫

物流倉庫会社が個別に提供するサービスです。

  • 受注管理はネットショップ側
  • 商品の入庫から出荷、保管業務を代行

商品を1つの拠点で保管したい、物流倉庫内での作業を細かく設定したい場合におすすめのタイプです。  

タイプ③全てをお任せ

ネットショップは「何を売るのか、どう売るのか」を決め、それ以外を全てお任せできるサービスです。

  • 商品の入荷から出荷、受注管理や保管業務、バックグラウンド業務全般を代行

複数の企業が提供するサービスと連携して利用できます。多店舗運営している方におすすめのタイプです。

まとめ

配送代行の利用を検討するタイミングは、コストがかかりすぎている場合か配送以外の業務まで手が回らなくなった場合です。他社との競争力を保つためにもプロである配送代行業者に頼むが良いでしょう。

 

ロジクラでは佐川急便との共同サービスで、発送代行から配送代行まで行うことが出来るフルフィルメントサービス「XTORM」を提供しています。
24時間365日、ECサイトの注文を自動で出荷するのでスピーディーで、人為的ミスの削減にも寄与します。料金は完全従量課金制で、コスト削減が見込めます。

 

XTORMの詳しいサービス内容についてはこちらからご覧ください。

XTORM(エクストーム) (logikura.jp)

自分たちの商品や配送にあったサービスを選び、コストやミスの削減に繋げましょう。