フルフィルメントとは?業務内容や導入をおすすめしたい方を解説

 

 

フルフィルメントとは​

フルフィルメントとはどのようなことを指すのか、具体的に紹介します。

 

 

受注から配送完了までの一連業務​​

フルフィルメントとは、ECサイトで商品が注文されてから消費者に届くまでの全ての業務を指します。

英語では「fulfillment」と書き、「履行・遂行・実践」などという意味があります。

 

 

具体的な業務内容の紹介​

フルフィルメントサービスが行う具体的な業務内容は、以下のようなものです。

  • 入荷管理……商品の発注や在庫数の管理、倉庫の必要な場所に格納
  • 商品の保管……商品入荷から発送まで商品を適切に管理
  • 受注処理…在庫管理システムなどを使って注文状況などを確認
  • ピッキング……倉庫から必要な商品を取り出し、発送準備
  • 梱包……商品に合わせて緩衝材などを使い梱包
  • 発送……荷物に配送伝票などを貼り発送

主にこれらのサービスを行います。また、オプションで以下のようなサービスを提供している場合もあります。

  • ラッピングや感謝状などの封入
  • 代引き決済業務
  • アフターサービス
  • 返品業務

オプションに設定されているサービスは、提供する企業によって差があります。

 

 

フルフィルメント導入のメリット​​

フルフィルメントサービスを導入するとどのようなメリットがあるのか、詳しく紹介します。

 

商品開発や販促企画に集中できる​

ECサイトを運営していると、受注管理や在庫管理に想像以上の時間がかかることがわかります。さらにセールなどで売り上げが増えると物流業務が忙しくなり、それ以外の業務に手が回らないという状態も考えられるのです。

 

フルフィルメントを利用すれば、売り上げがどんなに増えても物流業務が負担になることはありません。商品開発や販促企画に集中できます。また、物流が対応できるかどうかを気にせず、業務拡大の計画を立てられるのもポイントです。

 

 

高品質な配送サービスを享受できる可能性が高い​

ECサイトなどネット通販では、お客様と顔を合わせることがない分、消費者は配送の質がショップの質を反映していると考えています。また、配送業務ではラッピングや梱包方法など、お客様に合わせた細やかな対応が必要な場合もあります。そのうえで、ミスがあってはいけません。

 

これらの全てをショップが対応しようとすると、かなりの労力を使います。しかし、フルフィルメントサービスに任せてしまえば、蓄積したノウハウをフル活用して対応可能です。自社で行うよりも高品質な配送サービスを享受できる可能性が高くなります。

 

また、スピードアップが見込めるのもメリットです。特にセール時など、配送量が増えると配送スピードが下がってしまう企業には大きなメリットになります。

 

 

コスト削減の可能性​

フルフィルメントを使うと以下のようなコストの削減が見込めます。

  • 人件費
  • 倉庫費
  • 梱包資材費

これらの費用は、外注した方がコストを抑えられることが多いです。例えば、セール時などにアルバイトを採用している場合、採用や教育にコストがかかっています。フルフィルメントに任せれば、人員の不足を心配することなく必要な業務にコストを割くことが可能です。

 

また、梱包資材は一度に大量に購入した方が安く仕入れられますが、保管場所の問題もあり小規模なショップでは難しいでしょう。金額としては小さいですが長い目で見るとコスト削減につながります。

 

 

売れ筋商品をアウトソーシングすることで、​特に大きなコスト削減効果を見込める​

物流は売れれば売れるほど業務の負担が大きくなります。欠品しないように適切な在庫管理をしたり、ミスなく配送することは想像以上に難しいことなのです。そのため、売れ筋商品ほどアウトソージングすることでコスト削減の効果が見込めます。

 

さらに、売れ筋商品の物流を心配する必要がなければ、より一層、販促に力を入れられます。コスト削減と売上増加の両方から収益アップを目指すことが可能です。

 

 

フルフィルメント導入のデメリット​​

フルフィルメントにはデメリットもあります。理解した上で導入を検討してください。

 

 

商品管理の品質をフルフィルメント企業に依存​

フルフィルメントでは商品の管理も任せることになります。もし、商品管理の品質が低く、劣化した商品が消費者の元に届いた場合、消費者はショップの責任だと考えるでしょう。悪いレビューとして書き込まれるリスクもあります。

 

 

サービスによっては、カスタマイズが難しいケースがある​

フルフィルメント企業によってサービスの内容に差があります。選ぶ企業によっては、ギフトラッピングや梱包資材の形やサイズなどカスタマイズが難しいケースがあります。

 

特に、小規模ショップが事業拡大をする際、従来のフルフィルメント企業では対応できなくなるケースが考えられます。事業拡大を見越してフルフィルメント企業を選ぶようにしましょう。

 

 

関連業務についてノウハウが蓄積されない​

将来的に物流も自社で行いたいと考えているのなら、物流業務についてノウハウが蓄積されないことは大きなデメリットとなります。さらに、自社の商品に関するノウハウが他社の商品のために使われる可能性も高いです。フルフィルメントを利用しながら、少しずつ物流業務に携わるスタッフの育成をしていくと良いでしょう。

 

 

お客様の意見が自社に届きにくい​​

受注以降のお客様とのやりとりを全てフルフィルメント企業が管理するため、お客様の意見が自社に届きにくくなります。

 

特に、配送後のアフターサービスもフルフィルメント企業が担っている場合、改善ポイントに関する意見が反映されにくくなったり、クレーム対応が遅れる可能性も考えられます。フルフィルメント企業と連携を取りながら、お客様との接点を保つためSNSを利用するなどの工夫をするのがおすすめです。

 

 

フルフィルメントサービス導入をおすすめしたい方​​

フルフィルメントサービスを導入のメリットが大きい方の特徴を紹介します。

 

 

配送業務にコストがかかりすぎている方​

配送コストがかかりすぎていて削減が難しいと感じるのなら、フルフィルメントサービスを導入するのがおすすめです。フルフィルメント利用料はかかりますが、業務が効率化されてコストカットできる可能性があります。

 

 

ミスやトラブルが多発している方​

物流ではミスやトラブルは大きな損失につながります。フローを見直して効率化を図ってみてもミスやトラブルが減らない場合は、専門業者に任せて自社は商品開発や販促企画に注力した方が効率よく収益アップにつながります。

 

ピッキングミスや誤出荷でお悩みの方は是非こちらの記事も参考にしてください。
ピッキングミスを防ぐことで業務を最適化!
出荷管理ではシステム導入がカギに?出荷管理における課題、重要性をご紹介。

 

 

EC事業を始めようとしている方​​

EC事業を始めたばかりのころは、多くのトラブルに見舞われることが考えられます。少しでもスムーズに業務を進めていくために、始めは受注や発送業務を外注するのもおすすめです。

 

特に発送ミスや遅延はショップの評価を大きく下げ、その後の事業を伸ばしにくくしてしまいます。ショップの運営が軌道に乗ってから、自社で物流をすすめてみてはどうでしょうか。

 

 

EC事業者向けフルフィルメントサービスXTORMの特徴​​

XTORMはEC事業者向けのフルフィルメントサービスです。
在庫管理システムを提供するロジクラと佐川グローバルロジスティクスが共同でていきょうをしています。
ここからはそんなXTORMの主な特徴を紹介します。

  • 各ECカートと連動
  • 最短当日午前に配達
  • 初期費用無料の従量課金
  • 1日最大5.5万点の入出荷が可能

24時間365日対応の自動出荷システムがECカートと連動しているため、出荷スピードが早く、お客様の「すぐ欲しい」に対応します。また、倉庫のキャパシティも大きいので「セールの発送が追いつかない」という心配もありません。完全従量課金制で初期費用を懸念されている方にもおすすめです。

 

急な注文増加に対応できない、誤出荷など人的ミスが起きている、出荷業務によって他の業務がなかなか進まないそんな方におすすめのサービスです。

 

詳しいサービス内容はこちらのページをご覧ください。
XTORMの特徴

 

 

まとめ​​

フルフィルメントサービスとは、受注から発送までの物流業務全般を指します。導入すると、コスト削減や配送品質の向上などのメリットがあります。反対に、お客様の意見が届きにくくなるなどのデメリットもありますが、SNSなどを使って積極的にお客様との接点を作ることで解決可能です。

 

EC事業者向けのフルフィルメントサービスであるXTORMはECカートと連携した自動出荷システムでミスなくスピーディーに出荷できます。初期費用がかからないので小規模事業者でも使いやすく、倉庫キャパシティがあるので、セール等で作業量が急増しても心配ありません。物流に課題を感じている方におすすめです。