在庫管理の先入先出しとは?メリット、デメリットを解説!

在庫管理の基本ルールとして知られている「先入先出し」物流において最初に知っておくべきルールなので、在庫管理に関わる方であれば必ず押さえておきたい内容です。

今回は「先入先出し」の目的や実践すべき理由、発生し得る問題、対策、メリット・デメリット等についてご紹介します。

在庫管理における先入先出しとは?

物流における「先入先出し」は、英語では“FIFO”(First in, First Out)と表記されます。商品の在庫管理において、入庫日時の古い商品(使用・賞味期限が早い、製造日が古い商品)から順番に出庫することを意味します。

在庫商品の鮮度、品質を保持するための基本的なルールで、とくに製造業や卸売業、小売業などで重視されています。

なぜ重要?在庫管理の先入先出し

品質維持

商品を入荷した順番、すなわち古い商品から販売することで、商品の品質悪化を防ぎ、在庫の廃棄処分を最低限に減らすことが出来ます。鮮度が命である食品などはもちろん、衣服や雑貨なども長期間保管し続けることで品質は悪化します。早く入荷したものを先に売るという「先入先出し」のルールが徹底していれば、在庫商品の品質を常に維持することが出来ます。

在庫数の把握

「先入先出し」のルールが徹底するということは、すなわち在庫の保管場所をしっかりと整理しなければいけません。

つまり、先入先出しを意識することは「商品の在庫数を正しく把握する」ことにもつながります。

そのため、棚卸しや日々の入出荷業務の際も効率よく作業を行うことが出来ます。

先入先出しを始める前の注意点

「先入先出し」で在庫管理を行うことは、商品の品質を維持し、在庫数の正確な把握にもつながるメリットがある反面、作業工数が増えることも事実です。先入先出しを始める前に自社の商品が「どの程度先入先出しを重視する商品か?」を把握する必要があります。賞味期限が表記されている「食品」や、使用期限がある「医療品・ケミカル品」などを扱うのであれば、「先入先出し」の重要度が高いため、基本ルールとして全社員に徹底する必要があります。

また、半導体や電子部品などにおいても製造日・Date Codeが明記されているため、品質維持のために、先出し先入れを意識する必要があるでしょう。

しかし、雑貨や衣類などそこまで鮮度が直接商品に影響を与えにくいものであれば、在庫の先入先出しを必須ルールに設定する必要はなく、できる限り行えば良いくらいの意識でいればいいでしょう。あらかじめ、自社ルールの優先度を決めて社員に徹底するのが賢い方法といえるでしょう。

在庫管理の先入先出し:3つのメリット

1. 在庫の長期滞留を防止

商品の先入先出し=入荷した順(古い商品から順に)出荷するを実施することで、商品の長期滞留を防ぎ、品質を維持した状態で出荷することにつながります。後に廃棄ロスを防ぐことにもつながります。

2. 保管場所の整理整頓

先入先出しを徹底するということは、「いつ誰が見てもどこに何があるか分かるような環境」を作ることとイコールです。保管場所の整理整頓はもちろん、入荷日が分かるような仕組みづくりをすることで普段の作業効率も高まります。

3. お客様満足度の向上

先入先出しを徹底することで、品質が保たれた商品を常にお客様に提供することにつながるので、当然お客様満足度も向上します。

在庫管理の先入先出し:2つのデメリット

1. 管理データ量の増加

先入先出しを徹底するということは、対象となる商品、商品番号、入荷日、賞味期限・使用期限・製造日、出荷期限などのデータを管理する必要があります。複数のデータを入力したり管理したりとなると作業ミスが生じやすいので、一括で管理できるシステムを使うことをオススメします。

2. 作業工数の増加

先入先出しの実施に伴い、増加したデータの入力業務に加え、保管場所での現場業務の増加も発生します。商品の入荷のたびに「古い在庫を一旦、倉庫内の保管スペースや棚から取り出し、新しく入荷した商品を先に入れ、再度古い商品を戻す」という業務が発生します。保管棚のルールを工夫したり、カラーシールを活用したりなど、効率よく行える方法・ルールを徹底する必要があります。

在庫管理の先入先出し:よくある課題

1. 商品状態の判別がつかない

同じ商品の鮮度を見極めるのは食品など劣化が明らかなものであれば判別しやすいですが、衣類や雑貨、部品などであれば判別が難しいものです。入荷日が明確になるような印をつけるなどの工夫が必要ですが、そのルールを全員に徹底することがなかなか難しいというのが現実です。

2. 業務の標準化がされない

在庫管理の先入先出しを徹底するためには、上記の「商品の状態を明確に見分けられる」ようにすることが必要です。

しかし、言うのは簡単、なかなかルールを徹底させるのは難しいものです。

3. データ量、工数増加による煩雑化

先入先出しを行うとデータ量と作業工数は少なからず増加するので、扱う商品数が多かったり、人手が少ない場合は作業が煩雑化しやすいです。

在庫管理の先入先出しの課題解決策

1. 商品状態の明確化

商品の状態をひと目で見分けることが重要なので、入荷日や期限、ロットno. が明記されたシールもしくは、貼るだけでいい「カラーシール」の利用が効果的です。今日はこの色のシールといったように、色の順番が決まっていると古いものから出荷することが容易になります。

2. 商品配置の工夫

配置方法を工夫することで、先入先出しで発生する作業の手間を減らすことが出来ます。具体的には、台車を用いて管理したり、両側から出し入れできる棚を設置したりすることです。入荷は棚のこちらから、出荷は棚のこちらからと決め、床に入荷と出荷で違う色のテープを貼ったりしても効果的です。ひと目で分かるように工夫しましょう。

3. 適正在庫の把握

適正な在庫量しか常に持たないようにすることも先入先出しによる作業数増加を防ぐことにつながります。そのためには適正在庫の把握が必須です。

4. 保管場所の整理・整頓・清掃(3S)

保管場所が常に整理・整頓・清掃(3S)されていることも重要です。誰が見ても明確に在庫の状況が分かる環境づくりが作業効率アップにつながります。

5. ルールの明確化、徹底周知

在庫管理において、先出し先入れを徹底するためには、社内での明確なルールを設定し、関係者全員に周知徹底することが大事です。新しく入った人にも分かりやすいようなルール設定が必要になります。

在庫管理の先入先出しはシステムを利用しよう!

在庫管理の先入先出しには、保管場所の整理整頓、分かりやすい工夫などが必要不可欠ですが、同時に在庫管理の明確化・一元管理も必要不可欠になってきます。扱う商品数が増加してくると、ルールに基づいた人手による作業では限界があります。

そこで、おすすめなのが在庫管理システム(WMS)の導入です。入出荷情報や商品の管理情報を一括で管理できるため、在庫管理の作業効率がアップし、先入先出しのルールも運用しやすくなります。在庫管理システムは導入費用がかかるという点で導入を悩んでいる担当者の方も多いかと思います。在庫管理だけをシンプルに始めたい、導入コストを抑えたい時には無料プランからご利用開始できるような在庫管理システムがオススメです。

在庫管理・倉庫管理ソフト「ロジクラ」なら、無料プランから始めることが出来ます。そして、システムに慣れてきたら使える機能が増える有料プランへの切り替えが可能で、有効期限管理機能をオプションでご提供しています。プランによっては、保管場所(ロケーション)の管理まで行えます!

また、ロジクラではiPhoneアプリでバーコードスキャンと在庫管理が可能なので、普段からお使いのiPhoneでご利用開始ができます。気になった方は、是非チェックしてみてくださいね。