在庫管理システム(WMS)、倉庫業務、3PL…今さら聞けない!物流基本知識

自社商品を保管するために必須となる物流倉庫。

しかし、実際のところ物流倉庫業務って何やってるの?
在庫管理はどうやってやる?WMSってなに?3PLとは?委託するのが今は主流なの?

今回は、色々わからない物流初心者の方も安心、物流倉庫の基礎知識を解説していきます。

物流とは?

まずそもそもの物流とは何なのか、概要から見ていきましょう。物流とは、一般に企業がその商品を消費者(お客様)に届ける「モノの流れ」のことを指します。商品を運ぶだけでなく、その商品の保管から梱包して消費者に届けるまで、すべてを総括して物流と呼びます。

物流には様々な工程があり、「輸送」・「保管」・「荷役」・「包装」・「流通加工」・「物流情報処理」などの工程を経て生産者から消費者へ商品が届けられます。商品が届くことがお客様にとってはもっとも大事。その届き方やスピード感、状態、すべてが企業の信用に繋がります。スムーズな物流を展開することは、商品を販売する側にとってとても重要な項目といえるのです。

倉庫業務とは?

物流倉庫では入荷から出荷までの作業を行い、その作業は倉庫業務と呼ばれます。スムーズな物流を行うためにはこの倉庫業務の効率化・改善が必須。

では、倉庫での業務内容を商品の流れとともに見ていきましょう。

【まずは商品を倉庫に入れよう】

  • 入荷 : 倉庫に届いた商品を受け取る
  • 入荷検品 : 受け取った商品の個数や品質を検査(チェック)する
  • 入庫 : 入荷した商品を倉庫の適切な保管場所に置く(棚入) 
  • 保管 : 適切な環境で商品の品質を保ち、保管する、

【お客様から注文が入る→出荷準備!】

  • ピッキング(仕分け) : 必要な商品を集める(ピックアップする)
  • 出荷検品 : 出荷する商品の個数と品質を検査(チェック)する
  • 梱包 : 商品が輸送に耐えられるよう、保護を行う(タグ付け、袋詰め、箱詰めなど
  • 出庫 : 必要な商品を適切に取り出す

【無事出荷!お客様のもとへ】

  • 出荷 : 商品を送り出す

【棚卸、定期的に確認しよう】

  • 棚卸 : 商品の在庫を数え、在庫があとどのぐらいあるか、その金額がどのくらいか確認する

これが主な倉庫での商品の流れと業務内容になります。

倉庫業務でおすすめ:「在庫管理システム(WMS)」の導入

倉庫業務一連の流れで大切なのが、「在庫管理」です。いくつ商品を入荷したのか・いくつ在庫としてカウントできたのか・いくつ注文が入り出荷したのか、すべてを正確に管理していないと、次の注文が入ったときのトラブルに繋がり、ついには会社の信用にまで関わります。

アナログな管理方法だと人為的ミスが発生する可能性があるため、入出荷業務を標準化・効率化するためには「在庫管理システム(WMS)」の導入がおすすめです。

在庫管理システム(WMS)とは?

在庫管理システムは倉庫管理システム、またWMS(Warehouse Management System)と呼ばれ、入庫管理・在庫管理・出庫管理・棚卸管理・マスタ管理といった作業をすべてデジタル化することができるシステムのことです。

エクセルなど、アナログな管理方法ではどうしてもミスは発生してしまうもの。また、在庫管理に関わる人が複数人いる場合など、データはリアルタイムで正確に確認したいですよね。

すでに16,000社に導入されている在庫管理システム「ロジクラ」では、複数人・複数拠点での在庫管理を一元化することができます。iPhoneのアプリで在庫確認することが可能なため、外出先でもすぐに対応可能。しかも無料で使えるため、効率化できる+コストカットになります。

またロジクラでは在庫管理サービスの提供だけではなく、3PLと呼ばれる委託倉庫の紹介も行っています。全国各地の数多くの提携倉庫の中からお客様のご要望にあった倉庫を紹介します。3PLについては後述しますが、合わせて検討すると良いでしょう。

3PLとは?

3PLとは「サードパーティ・ロジスティクス」といい、物流部門を第三者企業に委託する業務形態のことです。

今や3PL導入は物流業界の主流となっています。メリットを以下で見ていきましょう!

3PLのメリット①:コストが削減できる

自社で物流を整備しようとすると、運用に大きなコストがかかります。トラックなどの交通手段、倉庫の確保、それらのための人的資源が必要となります。そこで物流倉庫会社に依頼(3PL)すると、すべて確保されているため自社でひとつひとつ運営するよりも大幅なコスト削減となるのです。

3PLのメリット②:3温度帯も完備!倉庫設備が充実している

物流倉庫の種類として、配送・保管時の温度は主に「常温(ドライ)」「冷蔵(チルド)」「冷凍(フローズン)」と、この3つの温度に分けられます。この3つの温度のことを3温度帯と言います。ひとつひとつ見ていきましょう。

【常温(ドライ)】

・数ある物流倉庫の中でも大半を占めている倉庫、一般的な温度帯の基準:10℃~20℃

【冷蔵(チルド)】

・主に生鮮食品を保管する物流倉庫。一般的な温度帯の基準:-5℃から5℃

【冷凍(フローズン)】

・主に冷凍食品などを取り扱う物流倉庫。一般的な温度帯の基準:-15℃以下

 冷凍の物流倉庫は少なく、倉庫の空きが少ない

3PLごとに得意分野がありますが、これらの確保・管理も物流倉庫会社に委託することで物流のプロがしっかりと設備を整え、管理してくれるのです。

3PLのメリット③:人的リソースを別業務に集中させることができる

自社運用であれば確保しなければいけなかった人手を、商品開発やサービスの品質向上など、別の業務に集中させることができます。

その他にも、自社で倉庫を運用するとなると倉庫の大きさを検討したり、倉庫での発注から発送までのフローをイチから決めていかねばなりません。3PLを導入することで、そのような業務フロー構築から物流のプロに任せることができ、スムーズに運用をスタートさせることができるのです。

物流倉庫の基礎知識をつけて効率よく物流業務を行おう!

倉庫業務から在庫管理システム、3PLまで触れてきましたがいかがでしたでしょうか?物流倉庫はただモノを保管するだけでなく、様々な業務が行われています。倉庫探しや物流業務効率化の役に立つ基礎知識となっていれば嬉しいです。

在庫管理システムを提供しているロジクラは無料で利用可能。在庫管理の効率化に悩んでいる方は無料登録してみてくださいね。

▶ロジクラ無料登録はこちらから

また、ロジクラでは倉庫業務の委託を検討されている方に向けて、無料で3PL相談会も行っています。興味のある方は気軽に参加してみてください。

▶ロジクラ3PL相談会はこちらから

生産性アップのためにも、物流倉庫を賢く運用・活用していきましょう!