現場が語る、在庫管理システム/ソフトの選び方とおすすめ

こんにちは、ロジクラの武末です。

通販の普及によって、入出荷対応や在庫管理の重要性は非常に高まっていますが、意外にも在庫管理システム/在庫管理ソフト(WMS)はそれほど知られていません。

今回は通販モールでの物流担当経験のある筆者が、在庫管理システム/在庫管理ソフト(WMS)の仕組みや選ぶためのポイント、おすすめのシステムをご紹介したいと思います。

なお、通販向け在庫管理システム/在庫管理ソフト(WMS)に特化した選び方のポイントやおすすめのシステムはこちらの記事(「通販向け在庫管理システム/ソフトの選び方とおすすめ」)をご覧ください。

在庫管理システム(WMS)とは?

在庫管理システム(WMS)は、在庫を管理するだけでなく、商品の入出荷や棚卸といった倉庫作業を行うためのシステムです。あらかじめ商品情報(商品マスタ)を登録し、その商品を入荷し、在庫として管理し、出荷した際には在庫が減らし管理を行うというものです。

在庫管理システムは小売業の変遷とともに進化してきており、ラインナップは非常に多いですが、実際に自社に合致する在庫管理システムは限られているというのが実情です。

製造した商品を管理することがメインの在庫管理システムは、いかに正確に商品の在庫数を管理するかに機能を特化しており、ロット管理や入数管理、賞味期限管理といった特性が異なる複数の商品の在庫数を管理する機能に特化しています。

小売店舗にて商品を管理することがメインの在庫管理システムは、日々の店舗での販売によって変化する在庫数の増減を正確に把握するかに機能を特化しており、上記のような商品特性への対応だけでなく、POSレジとの連携等の販売管理システムと連携し在庫の増減を管理する機能に特化しています。

そして、通販にて商品を管理することがメインの在庫管理システムは、日々各モールやネットショップから入る注文によって変化する在庫数の増減と出荷を正確に把握する機能に特化しており、各モールやネットショップ、受注管理システムと連携し在庫の増減を管理する機能に特化しています。

在庫管理システムを選ぶポイント

上記のように在庫管理システムは目的によって全く異なる機能を有しているため、選ぶポイントを押さえないと業務改善に全く寄与しません。したがって、在庫管理システムを選ぶ際には、

  1. 誰向けの在庫管理システムか?
  2. 自社で管理したい商品を管理できるか?
  3. 自社の入出荷オペレーションを管理できるか?
  4. 他のシステムとの連携性はどうか?

をまず必ず検討しなければなりません。

在庫管理システムは、一般の小売事業者(カジュアル)から業務委託を受けている倉庫事業者(プロ)まで、幅広く利用するため、誰向けなのかによって、システムの使いやすいさや機能が大きく異なります。カジュアル向けではいかに手軽に使いはじめられるかが重要ですが、プロ向けでは手軽でなくとも機能が多くエラー時のトラブルシューティングができることが重要だったりします。

また、小売店舗で棚卸の改善を行いたい人が通販モールとの連携機能を備えた在庫管理システムを導入しても、棚卸機能が十分でないと全く使い物になりませんし、逆に通販での入出荷管理を改善したい人が全く通販モールやカートシステムと連携できない在庫管理システムを導入しても、入出荷データの連携だけで作業工数が膨大になってしまいます。

※ ネット通販向け在庫管理システムについてはこちらで更に詳しく解説いたします。

それでは、在庫管理システムの中で、上記のように商品やオペレーションへの対応力が高いおすすめのシステムは何か、ご紹介したいと思います。

カジュアル向け在庫管理システムのおすすめ

ロジクラ

在庫管理・倉庫管理ソフト「ロジクラ」|無料(フリー)から使える

約1年間で1万社の企業様に利用頂いている在庫管理システムです。店舗・通販・卸の在庫管理が一元化でき、スマートフォンでかんたんに商品登録や在庫登録ができる点が特徴です。

また、無料から使え、21日間の有料プラントライアルもあるため、はじめて在庫管理システムを導入してみようか検討している方には、取り組みやすいサービスだと思います。

3PL向け在庫管理システムのおすすめ

ロジザード

クラウドWMS 倉庫管理システム 通販・卸の物流管理ならロジザードZERO

3PLのような営業倉庫で使われている在庫管理システムです。様々な営業倉庫にて利用されており、あらゆる商品の在庫管理に対応し作業履歴や高度なロケーション管理ができる点が特徴です。

また、英語や中国語等複数の言語にも対応しており、大規模な作業現場にて多様な国籍の方々が使うことを想定したシステムになっています。

 

いかがでしたでしょうか?在庫管理システムはそもそも存在を知らないところから選ぶには非常に難しいツールだと思いますが、良いツールを導入できれば、劇的な作業工数改善が見込まれます。是非こちらの記事を参考に、ツールの導入を進めてみてください。