越境ecでshopifyがおすすめな理由とは?【物流のプロが語る】

ECサービスを利用して、越境ECサイトを構築する方は非常に増えています。中でも人気なのは、Shopify(ショッピファイ)です。「Shopifyは、よく聞くけれど自社に向いているかわからない」「Shopifyを使った越境ECの始め方を知りたい」という方は多いでしょう。そこで、Shopifyの特徴やShopifyと組み合わせることで越境ECの運営が効率良く行えるおすすめアプリをご紹介します。

 

 

なぜshopifyは越境EC利用者に選ばれるのか?

Shopifyは、世界で最も利用されているECプラットフォームです。全世界175カ国、170万店舗以上のストアで利用されています。また、多くの越境EC運営者にも高い評価を得ています。多くの越境EC運営者に支持される理由については、以下の5点が挙げられます。

 

多言語・多通貨対応の強み

購入したい商品のウェブサイトの言語が外国語で表示されていたり、他の国の通貨の場合、多くのユーザーは身構えてしまいます。越境ECを構築する際は、出店したい国の言語や通貨の準備をするというような、多言語・多通貨に対応するのがベストです。

 

他のECサービスでは、翻訳できる言語が少ないというデメリットがありますが、Shopifyは、50の言語に対応しています。制作したECサイトをShopifyのアプリを使って、別の言語に自動で翻訳することも可能です。設定画面で翻訳を直接入力することもできます。

 

また、Shopifyでは、130ヵ国以上の通貨に対応しています。自動で現在レートを適用させて変換することも可能です。越境ECでは、海外通貨で支払うことには抵抗を感じる方が多いので、現地通貨に対応可能な点は大きなメリットとなるでしょう。

 

配送手続きが簡単な強み

越境EC運営では、海外向けの配送業務を管理しなければなりません。海外配送には、送料設定、関税や税金の計算、送り状やインボイスの作成など、様々な作業が必要になります。Shopifyでは、海外向けの配送業務をサポートするアプリが揃っています。配送料の計算、配送ラベルの作成・印刷などの簡略化が可能です。また、アメリカのように州ごとに税金が異なる場合でも、税率を自動的に管理するような設定ができます。出荷する商品のサイズや重量を入力すると、運送会社各社の料金を比較することも可能です。

 

豊富な決済方法に対応している強み

Shopifyでは、100種類以上の決済方法を簡単に導入できます。海外のネットショップを利用する際に、クレジットカードを使うのに不安を覚えるユーザーもいます。さらに初めてのショップとなると警戒心はさらに高まるので、決済方法が多彩に導入できるのは強みとなるでしょう。

 

Shopifyでは、世界最大規模のオンライン決済サービスである「PayPal」が、サイト開設時からすぐに利用できます。さらに、ShopifyペイメントというShopify専用の決済方法を利用すれば、取引手数料が無料です。顧客は、カード情報の入力や決済画面の移動がなく、簡単に支払うことができます。ただし、販売する国によって、利用されている決済方法は異なるので注意が必要です。越境ECサイトを構築する際は、事前に対象国を調査して決済方法を導入しましょう。

 

アプリの豊富さと高い拡張性の強み

Shopifyには、アプリという拡張機能があります。アプリを導入することで、ECサイトに様々な機能を搭載できる点も魅力です。アプリの数は6,000以上にも及び、販売を促進するアプリ、リピートを増やすアプリ、業務が効率化できるアプリなど、種類もたくさんあります。アプリを導入しすぎるとサイトの表示スピードが遅くなるというデメリットはありますが、厳選したShopifyアプリを導入することで、様々なマーケティング施策や使いやすさ、デザインの向上などが期待できます。自社に合ったECサイトをアプリで簡単に拡張できるというのは、Shopifyユーザーにとって心強い機能といえるでしょう。

 

サーバーが強く、落ちづらい点の強み

Shopifyはクラウド型のECサービスなので、自分でサーバーを管理する必要はありません。しかし、全世界175カ国、170万店舗以上のストアで利用されているとすると、サーバーがダウンしないのだろうかと不安に思われる方も多いでしょう。Shopifyのサーバーは、365日24時間体制で監視されており、1分間に1万件の注文を処理できます。Shopifyのサーバーは、実際の稼働状況を公開しており、万が一インシデントが発生した場合でも、すぐに通知を受け取ることが可能です。Shopifyでは帯域幅にトランザクション制限がないので、アクセスが急激に増えても問題ありません。また、2段階認証、常時SSL対策、ホワイトハッカーによる24時間監視、PCI DSS取得済みなどセキュリティ対策も万全です。

 

shopify×越境ECにお勧めのアプリをご紹介!

Shopifyの6,000以上にも及ぶアプリの中から、越境ECにおすすめで使いやすいと評判のアプリを4つご紹介します。 Shopifyの14日間無料体験と合わせて、ぜひご活用ください。

 

ロジクラ

ロジクラは、注文情報をAPI接続で取り込み、スマホを使ってバーコード検品、ピッキング、送り状の発行まで行えます。専用の読み取り機器などを準備する必要がなく、面倒なデータの手入力なども不要です。ミスの発生が減るだけではなく、作業が効率化できます。また、ロジクラアプリを利用することで、通常注文だけでなく予約注文も含めてShopifyとの在庫連携・注文連携・出荷連携が可能です。通販以外の出荷時には、Shopifyの在庫を減らすので、在庫切れを防止できます。

ロジクラ

 

Ship&co

Ship&coは、越境EC対応のクラウド型出荷管理システムアプリです。複数のEC店舗のオーダーを一元管理できるだけではなく、送料の比較、送り状・インボイスの発行、追跡情報の同期までの出荷作業が1つのインターフェイスで完了できます。配送業者は日本郵便・FedEx・DHL・UPS・SF Expressに対応しており、FedEx・UPS・DHLにおいては、ペーパーレストレードにも対応しており、インボイス印刷が不要です。Ship&coは、配送数に応じて料金が決定する従量課金制、もしくは月額プランを選ぶことができます。

Ship&co

 

langify

langifyは、サイト内の言語を多言語に切り替えられるアプリです。ECサイトに訪れたユーザーが、自国の言語を選択することで自動的にリダイレクトされ、選択した国の言語に変更されます。また、複数の言語を追加できたり、言語ごとのドメインを設定できる点も魅力です。他言語用のサイトを構築する手間が省けます。ただし、langifyは自動翻訳アプリではありません。設定ページは英語で書かれており、文章や商品名は英語等の他言語に自社で変更しなければいけません。

langify

 

BEST Currency Converter

BEST Currency Converterとは、Shopifyの商品を多通貨表示できるアプリです。自動的に価格を変換する機能だけではなく、複数の通貨を追加したり、ラウンド価格・小数点の削除など価格を細かく設定したりできます。無料プランでは、5つの通貨変換設定、3つの通貨変換のデザインプレートの利用、無料テクニカルサポートを受けることが可能です。月9.95ドルの有料プランだと、164種類の通貨の設定、ユーザーの居住地に合わせた通貨への自動変換など様々な機能がプラスされます。

BEST Currency Converter

 

まとめ

Shopifyは、多言語・多通貨に対応しており、決済方法が豊富です。また、配送手続きが簡単など、越境ECにおける数々の問題をカバーできることから、多くの方に利用されています。サーバーやセキュリティ面も強く、アプリで必要な機能を拡張できるという点も魅力です。越境ECを始めてみたいという方は、ぜひご検討ください。

Shopify連携資料

ロジクラとShopify連携概要をまとめた資料です。特徴やAPI連携フロー、導入事例などを掲載しています。

カートシステム「Shopify」とロジクラの連携概要をまとめています。なお、Shopify連携を導入前にお試しすることも可能です。14日間のトライアルも是非ともご利用ください。