shopify×物流が可能なサービスをご紹介!

 

shopifyとは

Shopifyとはカナダでサービスを開始したECプラットフォームです。

Shopifyのサービス提供内容をはじめ、本記事では導入することによって得られるメリット・デメリットなどをご紹介します。

ネットショップ開業を無料体験 | ShopifyでECサイトを構築しよう

 

 

概要

Shopifyは2004年にサービスを開始しました。現在では世界175ヶ国以上、100万件以上の導入件数で世界No.1のシェアを誇っている話題の企業です。2017年からは日本向けにも対応可能になり、多くの企業が導入しています。

 

 

shopifyの特徴・メリット

Shopifyを導入することによって専門的な知識がなくても簡単にECサイトを開設することができます。サーバーを用意することもパッケージを準備することも必要ありません。そのほか導入することによって得られるメリットをご紹介いたします。

 

 

カスタマイズ性の高さ

豊富なテンプレートの中から高品質なデザインを選ぶことができます。

デザインテンプレートはカスタマイズが可能なので、オリジナルデザインを作成したい場合は部分的に編集することも可能です。

テンプレートの数が少ない、カスタマイズ性が低いECサイトはどうしても他社と似たようなサイトになってしまいますが、Shopifyならオリジナリティを十分に発揮し、高クオリティのサイトを作ることができます。

また、拡張機能となるアプリが5,000以上あるので、必要な機能を必要なだけ導入することが可能です。

 

 

在庫マネジメントに長けている

Shopifyでは、Shopify上の管理画面で在庫を管理する方法と外部サービスと連携して在庫管理する方法があります。発送元が1ヶ所の場合や小規模の企業はShopify上の管理画面でも十分対応は可能です。

しかし、商品数が多い場合や発送元が複数のときには、人為的なミスが起きることがあります。外部サービスと連携することで管理の手間やこれらのミスを防ぐことができるでしょう。

外部サービスの数も豊富なので、複数企業の中から規模や要望に応じたサービスを選ぶことも可能です。

 

 

海外展開も対応可能

Shopifyは世界No.1のシェアを誇っているので、海外販売にも対応できることが強みです。

多言語、他通貨の対応しており、海外発送はFedEx、DHL、UPSの世界3第配送会社が利用可能です。グローバルな展開を考えている方や海外展開している企業にも向いています。

 

 

強固なインフラ

世界No.1のシェアがあると、アクセス増加に伴いサーバーが落ちてしまうのではないかという不安もあるでしょう。そこで、Shopifyのインフラやセキュリティについてご紹介します。

 

 

20万人同時アクセスに耐えるサーバーインフラや監視セキュリティが万全

Shopifyは年間を通して24時間体制でサーバー監視をしています。サーバーが強固で、1分間に1万件の注文を処理できる環境があることはテレビや雑誌でも紹介されました。また、世界のあらゆる場所からアクセスしても、近いサーバーで対応するので表示速度は遅くなりません。

 

セキュリティ面でも万全な対策に取り組んでいます。ログインの際には2段階認証を必須にする機能、管理画面へのアクセス権限を制限する機能、スタッフのログイン履歴の確認する機能などがあります。24時間体制で欠陥やバグの監視を行っているので、万が一不具合が起きたときにも早急に復旧作業が行える環境が整っているのです。

 

 

shopifyのデメリット

大手ECプラットフォームに属していればそのモールの集客力を手にすることができますが、顧客からするとあくまでモールの上で購入したと認識されるため、オリジナル感やブランド力を認知しづらく、購買につながりにくい可能性があります。

大手ECプラットフォームと比較すると、集客力では足りない部分もあるかもしれませんが、Shopifyを利用することでほかのショップとの差別化ができ、自社ブランドを確立できます。

 

 

shopify連携が可能な物流サービスの選び方

Shopifyでは外部サービスと連携して在庫管理をする事ができます。
ここでは、連携可能な物流サービスの選び方のポイントについてご紹介します。

 

 

システム連携はAPI対応できるか

APIとは、あるアプリケーションの機能を共有できる仕組みのことをいいます。別のオンラインストアを運営していた場合、API対応していればスムーズにデータを移行することが可能です。また、現在使用している在庫管理のデータをShopifyと連携する場合もAPI対応しているとデータの移行が簡単になります。

 

 

現場作業の効率化や自動化

受注、出荷、配送までの現場作業を自動化できる物流サービスがあります。面倒な梱包作業や、配送ラベルの作成、配送業者の手配などの負担を軽減したい場合は自動化対応の物流サービスを選ぶのがおすすめです。

 

 

ヒューマンエラーの改善

人が作業するとどうしてもミスが起こりがちなのが現実です。ミスは増えるたび売り上げに影響を及ぼします。現場作業が自動化されることで、人的ミスを回避することが出来るうえ、従業員はほかの作業に集中することができるので将来的な利益にもつながるでしょう。

 

 

受注〜出荷方法で柔軟に対応できるか

作業を自動化すると、細かな注文や配慮ができないこともあります。しかし、受注から出荷のあいだで柔軟に対応してくれる物流サービスもあります。一例をご紹介しましょう。

 

 

ギフト対応や指定同梱物の指示など

母の日やクリスマスなどのイベント時はギフト対応するとスタッフの手が足りなくなることがあります。しかし、ギフト対応可能な物流サービスを選べば新たなスタッフを雇う必要がありません。また、指定した同梱物の指示に対応してくれる物流サービスもあります。

 

 

【2021年最新版】shopify連携が可能な物流サービスをご紹介!

Shopifyとの連携が可能な物流サービスを7つご紹介します。それぞれの特徴やサービス内容をチェックして、導入の参考にしてください。

 

 

ロジクラ

ロジクラは、パソコンからだけではなくiPhoneでの操作が可能です。

iPhoneで検品作業ができるため、ハンディターミナル等の初期コストが発生する機器が不要で、
導入もカンタンに可能です。

 

Shopifyと連携すると

  • 受注情報の連携が可能
  • オムニチャネル販売販売での在庫連携による、誤出荷・欠品防止を実現可能

等、EC事業者の強い味方になってくれるソフトとなっています。

Shopify連携|小売・ECビジネスを支える在庫管理ソフト「ロジクラ」 (logikura.jp)

 

 

Anylogi

受注、出荷、配送までの自動化が可能です。固定費がかからず、従量課金制なので荷物の大きさによって料金が変動します。ブランド戦略に合わせた梱包資材を使用した発送、カードやチラシなどの同梱も対応できます。

AnyLogi(エニーロジ) | D2Cビジネスを支える物流管理プラットフォーム

 

 

mimosa

クラウド型の倉庫在庫管理システムで従量課金プランと定額プランがある物流サービスです。複数拠点がある場合はプランをカスタムすることもできます。操作画面が直感型でわかりやすく設計されているので、ショップ開設初心者におすすめです。

W3 mimosa(ミモザ)-クラウド型倉庫在庫管理システム(WMS)

 

 

シッピーノ

出荷業務の完全自動化をサポートし、電話、メール、チャットなど手厚いサポートをモットーにしています。ストアの連携数、従量課金、件数課金の合計が月額料金になる仕組みです。注文からわずか10分程度で出荷依頼を行うなど、スピード感を売りとなっています。

ECの出荷・受注業務を自動化|シッピーノ (shippinno.net)

 

 

ロジレス

多くのモールやショッピングカートに出店しており、在庫を一元管理することができます。料金は月額のシステム料金プラス従量課金制です。最適な物流倉庫の紹介を行っているので倉庫コストの最適化が図れます。

株式会社ロジレス (logiless.co.jp)

 

 

マイロジ

自動出荷可能で、自社ECに合わせて機能を拡張することができます。フリーロケーションやバーコード管理などにも対応しているので、どこに保管してもすぐに確認することが可能です。料金は月額固定性でプラン内容によって料金が変わります。

mylogi | 受注管理システム 在庫管理システムなら EC 物流システム 【 mylogi 】

 

 

オープンロジ

商品1個から利用できる物流サービスです。固定費がかからず、従量課金制のシンプルな料金体系になっています。集荷業務が自動化されており、注文情報や在庫情報もShopifyと自動連携が可能です。多くの倉庫事業者と連携しているので、最適な倉庫を紹介してくれます。

日々の物流業務をもっと効率的に。物流アウトソーシング OPENLOGI オープンロジ

 

 

まとめ

世界No.1のシェアを誇るShopifyのサービス内容やメリット・デメリットをご紹介しました。これからShopifyを検討する方には在庫管理の負担を減らし、受注から配送までをスムーズに自動化できる物流サービスとの連携をおすすめします。

 

物流代行サービスのロジクラでは、ShopifyとのAPI連携はもちろんのことロジクラを導入した倉庫で入出荷するだけでShopifyの在庫が自動で足し引きされます。iPhoneでの操作が可能なので、専用機器などを購入する必要もありません。オンラインでロジクラとShopifyの連携機能についての相談も可能です。ECサイトを検討されている方は是非システム導入を検討してみてください。