導入事例

ロジクラ×ネクストエンジン連携で自社と委託倉庫の在庫を一元化、在庫ズレや欠品の削減に成功!人件費は50%削減!


楽天市場 #楽天市場
Amazon #Amazon
ネクストエンジン #ネクストエンジン

ECモールで販売、属人化した仕組みで欠品発生も…

本日はお時間いただきまして、ありがとうございます!初めに、御社の事業について教えていただけますか。

主に楽天市場、AmazonといったECモールに出店、販売を行っています。 DIY関連の商材を取り扱っていて、メイン商材は吸音材、壁紙です。 ECモールへの出店の他、毎月定期発送(サブスクリプション)のような形で卸も行っています。

DIY関連の商材ということで、新型コロナウイルス感染症による影響はありましたか?

自宅で過ごされる方が増えたことで、2020年5月頃に一時的に需要が高まりましたね。 弊社として、お客様のご要望に応えられるよう、ちょうど商品の取扱い点数を増やしていた時期でもあったので、 新型コロナウイルス感染症以外の要因でも売上は堅実に伸びているように思います。 商品数(SKU数)は600SKUくらいあり、取り扱いの商品も多いです。枚数違いの商品のようなセット商品も多くあります。

出荷体制としては、受注管理・カスタマーサービス業務に3名で対応しています。皆さん、パートの形態で働いていただいています。 具体的な作業としては、ネクストエンジンの受注伝票をロジクラに取り込んだ後、自社倉庫の出荷、委託倉庫への出荷指示だったり、 お客様からのお問合せ担当をお願いしています。

600SKUは多いですね。さらにセット品が存在しているとなると、在庫管理も大変そうですね。 ちなみにロジクラ導入前はどのような管理をされていましたか?

おっしゃる通りで、セット商品の在庫管理がとても大変だったんです!
ネクストエンジンを利用していたものの、ネクストエンジンの品番登録で使えない記号を使っていたことで、ネクストエンジンのセット品機能を活用できていなかったのです。 スプレッドシートで関数を入れて、4枚組の受注数を入力すると、他の枚数のセット品の在庫数を変動させるようにスプレッドシートを組んで、在庫の管理をしていました。 ですが、入力の漏れやミスがあると在庫がずれてしまうことや、欠品が発生してしまうこともありました。 スプレッドシートファイルの運用が、私一人に属人化していることも課題でした。 この仕組だと、持続可能ではないと感じていました。

そうですよね。ECの場合、商品マスタの品番管理はとても重要ですよね。 Amazonや楽天市場等のモールや、ネクストエンジンのような受注管理システム(OMS: Order Management System)それぞれで、 品番(SKU)に使用できる文字や記号に指定があるので尚更大変ですね。

そうですね。モールによっては一度設定した品番を変更できず、 品番を変更する場合は商品ページ作成し直しになるので影響は大きく、商品管理・在庫管理は本当に大変でした。


複数拠点の在庫管理に課題、欠品を防ぐために在庫管理システムを検討

600SKUの商品点数を取り扱われているとのことですが、ロジクラ導入前の課題についてお伺いできますか?

ネクストエンジンで受注管理を行っていましたが、倉庫の実在庫数、ネクストエンジン上の在庫数が合わないことが課題でした。 理由としては、先にお話したようにセット商品が複数あり、関数を組んでスプレッドシート管理していたことです。 スプレッドシート管理だと属人化する、ミスが発生しやすい、ミスの原因が特定しにくい状況でした。

そうだったんですね。ロジクラ導入のきっかけをお伺いできますか?

突然人気がでたセット商品があり、一度に30件欠品が生じたのです。 スタッフ総出の対応が必要になり、とても大変でした。 このタイミングで仕組みを変えようと決意しました。 倉庫管理システム(WMS: Warehouse Management System)をインターネットで検索したとき、「ロジクラ」を見つけました。 「パートさんでもすぐ使える!」というフレーズが自社の状況に合っていて目に留まりました。 誰でも使えること、シンプルなシステムであることを最優先に考えたいと思っていたので、迷わずロジクラを導入しました。


複数拠点の在庫情報をロジクラで一元管理!人件費が半減!

ロジクラを導入されて、どのような変化がありましたか?

大きな変化としては、自社倉庫、委託倉庫の3拠点の在庫管理をロジクラに一元管理できたことです。 これにより、工数が大幅に削減できました。 これまで自分含め4名で行っていた業務を、今は2名で行えるようになりました

例えば入荷については、各拠点の在庫情報を確認、商品の入荷拠点を決める運用をしています。 これまでは、委託倉庫のWMSにログイン、もしくは委託倉庫の担当者に依頼して在庫情報をCSVファイルで提供してもらい在庫情報を確認していました。 作業も煩雑になりますし、在庫情報を確認するためだけに時間がかかっていました。 現在は、ロジクラで各拠点の在庫情報を確認して、スムーズに入荷拠点を指定することができるようになりました。 各拠点の在庫管理がロジクラで正確に行えるようになったので、在庫数が少ない商品を予め確認して、倉庫に実在庫数を確認したり、必要であれば拠点間の在庫移動を行う対応ができるようになりました。

また他にも、適切なタイミングで、ネクストエンジンで販売停止することで、欠品の発生を防止できるようになりました。 また、最近の機能改善で、詳細検索機能が強化されたので、拠点毎の出荷予定数の把握がしやすくなり、とても助かっています!


シンプルなUI、担当による導入支援サポートのおかげでスムーズな導入ができた!

ロジクラの導入はスムーズに行えましたか?

最初に思ったとおり、シンプルなシステムなので、スタッフもすぐに慣れてくれました。 委託倉庫の担当者も問題なく利用いただけています。 また、ロジクラ有料プランを契約後、担当の方がついてくださり、導入支援をしっかり行っていただけたので安心感がありましたね。 ロジクラの使い方に留まらず、ネクストエンジンでセット品管理ができるように、品番についての相談まで乗っていただけました。 ネクストエンジンでセット品管理ができるようになり、セット品のスプレッドシート管理が不要になりました! おかげで、業務の標準化、効率化が進みました。私以外のスタッフに任せられる業務も増えました。

効果があったようでよかったです。導入後、山本様のご負担はどのくらい減りましたか?

ロジクラを導入後、他スタッフが一連の流れを覚えて運用できるようになっています。 日々の入荷、出荷はもちろん、商品登録もしてくれるので、私は新商品を登録後のチェックをするくらいでしょうか。 安心してスタッフに任せられるようになりました。

これまでできなかった業務はできていますか?

受注管理や在庫数確認、倉庫とのコミュニケーション工数が減って、これまで私と他3名で行っていた業務を2名で行えるようになりました。 受注業務について手離れしたので、私は新商品の企画・商品開拓チームとの連携に注力できるようになりました。 他スタッフにも余剰の時間ができたので、スタッフにも新たな業務をお願いできるようになっています。


ロジクラを通して委託倉庫とのコミュニケーション負荷を削減!

ロジクラを使った委託倉庫とのコミュニケーションはいかがでしょうか?

ロジクラ導入前は、在庫情報を確認するために頻繁に委託倉庫とコミュニケーションをとっていました。 欠品が発生したときは、スタッフ総出で各拠点に連絡して在庫数を確認していましたね。 現在は、在庫情報がロジクラで可視化できているので、委託倉庫と電話やメールでコミュニケーションをとることが減りました。 各拠点の在庫数、ロジクラの在庫数、ネクストエンジンの在庫数が合っている状態を保てるようになったので、とても安心感があります。

今後のお取り組みや事業の方向性をお伺いできますか?

ロジクラを導入して、SKU600点でも2,000点でも、スタッフ2名で受注管理、在庫管理、出荷指示は十分行えると実感がわきました! 少人数の体制でも、取扱い商品数が増えることへの不安がなくなりました。 委託倉庫と協力して体制を築いているので、在庫保管のスペースさえ確保できたら、出荷件数が増えても対応できると考えています。 これまでは、商品開拓を行う中国の拠点に、「商品の受注管理、在庫管理の体制が整うまで新商品を待ってください」と伝えていたんです。 今は、「どんどん新商品をだして!」と言えるようになりました。 魅力的な商品を多く取り扱うことで、お客様に喜んでもらえるようになると思うので、今後もどんどん新しい商品を増やしていきたいと思います。

そう言って頂けると、とても嬉しいです。ありがとうございます。今後もお役にたてるよう、ロジクラの新機能追加や改善のスピードを上げていきたいと思います!引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事は2020年11月のインタビューの内容を元に原稿にしたものです。