導入事例

RSL・FBA納品、自社EC出荷のオムニチャネル業務でロジクラは欠かせない存在。300SKU/1,000点の大規模入荷もミスなしで!


楽天市場 #楽天市場
Amazon #Amazon
Yahoo!ショッピング #Yahoo!ショッピング
  • 株式会社サンエスライン

    物流事業部 前田様

    EC、卸、実店舗運営のオムニチャネル。楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングなど複数ECモールに出店。生活雑貨、電子タバコなど幅広い商品を取り扱う。

    https://sanesuline.co.jp/

Excelの在庫管理はもう限界。ロジクラ導入で「欠品ゼロ」へ。

本日はお時間いただきまして、ありがとうございます!初めに、御社の事業について教えていただけますか。

弊社は、EC・卸・実店舗などのオムニチャネルでの事業運営を行っています。ECがメインで、楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピング等のECモールに出店し、生活雑貨や電子タバコなどの販売を行っています。 新型コロナウイルスの影響もあり、最近はStayHome需要の高まりを感じています。ボルダリングのクライミングピースやダンベルなどのトレーニンググッズ、在宅勤務用のオフィスチェアの売れ行きが好調ですね。

様々なチャネル(オムニチャネル)で販売されているのですね!ロジクラを導入されたのは何がきっかけだったのでしょうか?

現在当社で取り扱っているSKU数は3,000点程なのですが、商材の特徴で新商品がどんどん発売されます。そのため、SKUが多く、在庫管理や入出荷業務が負担になっていました。 Excelで在庫を管理していたのですが、データ量が多いのでよくExcelがフリーズして困っていました。 また、入荷数、出荷数のズレが起きることが多いことも問題でした。Excelなので、いつから、どんな原因でズレが発生しているのか分からない状態が続いていました。 Excel上は在庫があるので、注文を受けるのですが、いざ出荷しようとしたら在庫が足りない。など、 せっかく注文いただいたお客様に欠品のお詫びをするということも起きていました。

そんな状況を改善するため、在庫管理システム「ロジクラ」の導入を決意しました。SaaS型のWMS(Warehouse Management System:倉庫管理システム)なのでメンバー間で在庫などの情報共有ができる点、 iPhoneアプリを使って入出荷業務などが行えるので特別な備品購入が必要ないところが導入を決定したポイントです。

ロジクラを導入した結果、まずは入荷業務がとてもスムーズになりました。入荷数をミスなく登録することで、実在庫数を正しく把握することができ、 結果として商品の欠品を防ぐことができるようになりました。在庫の保管場所もロジクラで管理しているため、どのエリアの棚に、どの商品が保管してあるかを正しく管理できるようになり、適正な在庫管理に役立てています。


300SKU/1,000点の大規模入荷でも業務量の大幅削減に成功!

当社は取り扱っている商品の多くが輸入品なので、月1回の輸入品の入荷作業は気合が入ります! コンテナ船が博多港に着港し、通関を経て、コンテナ配送で倉庫まで商品が届きます。 4トントラックで、多いときは200〜300SKU、1,000点ほどが1回で入荷されます。 応援メンバーにも来てもらって、商品の積み下ろしだけで1時間くらいでしょうか。今のような暑い時期は大変です。 これまでは積み下ろしが終わると、みんな結構疲れているのですが、そのあとにExcelを使って商品の検品記録や入荷数などの登録作業をする作業が本当に辛い...というような状況でした。 しかし今はロジクラのおかげで、iPhoneなどを使って現場作業をやっていくだけでクラウドに入荷の記録が貯まっていくので、Excel業務から解放されて、とてもスムーズに業務が完了するようになりました!

現場の皆さんの業務効率化にも貢献できて、すごく嬉しいです!現在ロジクラを活用いただいているのは、入荷検品でしょうか。

そうですね、入荷検品で特に活用しています。当社の場合は商品の積み下ろしが終わると、入荷検品を行います。 商品によって郵送中の破損がないかなど、全ての商品を検品するので3〜4日はかかっていました。 お客様に届く商品なので、責任を持ってしっかり検質することを大切にしています。

しかし、検品工程も大事にしつつ、業務も効率化していかなければなりません。 ロジクラを導入したことでバーコードスキャンで入荷が記録できるので、現場の業務と記録業務が分断されることもなくなり、入荷数登録のミスがなくなりました。 また作業時間も大幅に短縮されましたね。現在は30分から1時間でロジクラに入荷して、商品を入庫する(倉庫内で棚に保管する)業務までを効率化できています。


入出荷作業の効率化でマイナス1名体制を実現!売上アップに繋がる商品の付加価値化を可能に。

ロジクラを使い始めて、他にどのような効果を感じられていますか?

ロジクラ導入前は、入荷数や出荷数を従業員2名で、二重チェックしていました。 今は、ロジクラのアプリで入荷数や出荷数を登録し、確認の際はWebブラウザのロジクラ管理画面で確認すればいいだけなので、二重チェックは不要になりましたね。 それによって、従業員1名は別の業務にあたることができています。

ありがとうございます。ちなみに別の業務というのは、どういったことでしょう?

商品に付属品を付けたり、複数商品を組合せたセット商品を提供する業務などですかね。 ECモールでの販売では、同じ商品を扱っている他のショップとの差別化、付加価値を高めていくことが重要になります。 ロジクラで入出荷業務を効率化することで余裕が生まれました。 倉庫で働くメンバーが、商品の付加価値を高めるための業務を行うことできるようになり、売上アップに貢献できるようになったと感じています

正確にミスなく業務を行うことに加えて、倉庫から売上アップに繋がる施策へのお取組みに貢献でき、とても嬉しいです!


RSL・FBA納品・自社EC出荷などのオムニチャネル業務において、ロジクラは欠かせない存在!

弊社は拠点が佐賀・唐津にあるため、自社からの出荷だと楽天市場の「あす楽」に全国対応できません。 なので「あす楽」に対応するために楽天スーパーロジスティクス(RSL)納品も活用しています。 またAmazonからの受注に関しては、フルフィルメント by Amazon(FBA) の利用を最近始めました。 とはいえ、Yahoo!などのECモールでの注文は自社から出荷をしていますし、ロジクラは欠かせないシステムだと思っています。 FBAやRSLを使っていても、入荷数がズレているとRSLやFBAへの出荷が予定通り行えないので、倉庫への商品入荷が「肝」になると考えています。 やはりロジクラは欠かせないシステムだと思っています。

そう言って頂けると嬉しいです。今後の事業展開やお取組みについて教えていただけますか。

最近、他のお客様の商品をお預かりして発送代行の取り組みを始めました。 また、生活雑貨の海外輸出についても検討しているところです。 ロジクラによって入出荷や在庫管理の業務オペレーションを構築できたので、新しいことに挑戦できる余裕が生まれた気がします。 今後も、弊社のノウハウを活かしながら、新たな挑戦を行っていきたいと思っています。ロジクラのAmazon FBA連携機能にも期待しています!

ありがとうございます。御社の事業成長に少しでもお役にたてるよう、ロジクラの機能強化や改善のスピードを上げていきたいと思います!引き続き、ロジクラをよろしくお願いいたします。


この記事は2020年7月のインタビューの内容を元に原稿にしたものです。