iPhoneをバーコードリーダーとして使う3つの方法!無料アプリも紹介

どうしたらiPhoneでバーコードが読み取れるのか悩んでしまっていませんか?iPhoneをバーコードリーダーとして使う方法には、iPhoneのモデルやバーコードの種類、用途によっていくつかパターンがあります。

 

当記事ではどういったケースで標準カメラが使えるのか、その使い方、アプリが必要なケース、おすすめのアプリをわかりやすく解説します。まずどのパターンに当てはまるか確認し、必要な部分に飛んで参考にしてみてください。

 

iPhoneをバーコードリーダーとして使う3つの方法バーコードの種類

iPhoneをバーコードリーダーとして使う方法は次の3つです。

 

  • 標準カメラを使う方法
  • QRコードリーダーを使う方法
  • アプリを使う方法

 

必ずしも標準カメラを使えるわけではないため、注意が必要です。

 

標準カメラが使えるケース|QRコード、iOS11以降

 

iPhoneの標準カメラをバーコードリーダーとして使えるのは、QRコードを読み取りたい場合で、かつiOSバージョンが11以降に互換性のあるモデルのみです。つまりiPhone 5s、iPhone SE以降に発売されたモデルが対応しています。

 

QRコードリーダーを使えるケース|QRコード、iOS12以降

iPhoneのQRコードリーダーを使えるのは、QRコードを読み取りたい場合で、かつiOSバージョンが12以降に互換性のあるモデルのみです。対応モデルはiPhone 5s、iPhone SE以降に発売されたモデルで、iOS11と同様です。標準カメラも使えますが、QRコードリーダーはより読み取り速度が早い特徴があります。

 

アプリが必要なケース|一次元バーコード、iOS10以前

iPhoneをバーコードリーダーとして使うためにアプリのダウンロードが必要なのは、一次元バーコードを読み取りたいときとiOSバージョンが10以前しか対応できないモデルの場合です。

したがってiPhone 5sより前に発売されたモデルのiPhoneは、一次元コード・QRコードともに標準カメラでは読み取れません。一次元コードを読み取りたい場合は、最新モデルでもアプリを使う必要があります。(2022年12月現在)

iPhoneを使ってQRコードを読み取るやり方

ではここからはQRコードの読み取り方を解説します。

 

QRコードの読み取り方1.「標準カメラ」から読み取る

1.標準カメラを起動します。

標準カメラ

2.QRコードにカメラを向けて、ピントを合わせます。

読み取り

3.黄色の枠が表示されたら、「〜検索」「〜で表示」などと書かれている部分をタップすると検索先URLにリンクします。

 

QRコードの読み取り方2.「QRコードリーダー」から読み取る

iOSバージョン12以降はコントロールセンターから、QRコードリーダーを起動できます。

 

1.トップ画面を矢印の方向にスワイプして、コントロールセンターを表示します。

iphone

2.「QRコードリーダー」のマークをタップします。

QRコードリーダー

3.枠内にQRコードを収めてピントを合わせると、すぐに参照できます。この方法はライトを使用できるため、暗い場所で読み取るシーンに適しています。

読み取り

 

QRコードが読み取れない場合の解決法

 

QRコードが読み取れない場合は2つの解決方法があります。

 

カメラのモードを確認する

標準カメラから読み取りをする際は「写真」モードでなければ、バーコードリーダーとして使用できません。「ビデオ」や「ポートレート」など他のモードは対応していないため、カメラの設定を確認しましょう。

 

「QRコードをスキャン」を有効化

カメラの設定が正常な場合、「QRコードをスキャン」が有効化されていない可能性があります。以下の手順で確認してください。

1.「設定」を開きます。

設定

2.「カメラ」を開きます。

カメラ設定

3.「QRコードをスキャン」を緑の状態になるようにスライドして、有効化します。

QRコードスキャン

この状態で再度標準カメラを起動すれば、読み取れるはずです。それでも読み取れない場合はiOSバージョンが11以降に更新されているか確認しましょう。iOSバージョンは「設定」→「一般」→「情報」の順にタップし、「iOSバージョン」の箇所で確認できます。

 

iPhoneをバーコードリーダーとして使うためのおすすめ無料アプリ

では次に一次元バーコードを読み取りたい場合とiOS10以前のバージョンしか対応していないiPhoneモデルの場合におすすめのアプリを紹介します。

 

またQRコードの読み取りと比較して、一次元コードを読み取りたい場合には小売業や物流業における在庫管理のニーズもあるでしょう。目的別に3つ解説します。

 

古いiPhoneで情報を読み取る:QRコードリーダー & バーコードリーダー

QRコードリーダーバーコードリーダー

画像出典:App StoreプレビューQRコードリーダー & バーコードリーダー

 

「QRコードリーダー & バーコードリーダー」はiOS10にも互換性のある読み取りアプリです。QRコード、一次元バーコード共に対応しており、iPhoneを バーコードリーダーとして使えます。SafariやChromeを表示が可能。LINEでシェアも簡単にできます。機能がシンプルで読み取りも早いと評判の無料アプリです。

 

 

アプリを導入すれば必ずバーコードリーダーとして使える訳ではありません。さらに古いiOSにしか対応していないiPhoneの場合は、そのiOSに互換性のあるアプリを探す必要があります。しかし感度が悪いアプリも多く、あまりおすすめできません。

 

 

新しいiPhoneで情報を読み取る:アイコニット:QRコードリーダー・バーコードリーダーアイコニット:QRコードリーダー・バーコードリーダー

画像出典:App Storeプレビューアイコニット:QRコードリーダー・バーコードリーダー

「アイコニット:QRコードリーダー・バーコードリーダー」は3,400万ダウンロードを誇る読み取りアプリです。iOS11以降から互換性があり、一次元バーコードの情報を読み取りたい場合におすすめのアプリです。サクサク読み取りができると人気を集めています。楽天ポイントが1日1ポイント貯まるのも特徴です。

 

以下のバーコード規格に対応しています。

  • NW-7
  • Code39
  • GS1データバー限定型
  • EAN-128
  • データマトリックス
  • ITFコード
  • QR Code

 

iPhoneで在庫管理をする:ロジクラ

ロジクラ

画像出典:App Storeプレビューロジクラ-在庫管理アプリ

 

「ロジクラ」はiPhoneをバーコードリーダーとして使える在庫管理アプリです。10万円以上かかる高額なバーコードリーダーの購入代をコストカットできると好評。在庫管理アプリ「ロジクラ」もQRコード、一次元バーコードともに対応しており、無料から利用できます。iPhoneをバーコードリーダーとして使い、検品や棚卸しの効率化、在庫管理を始めたい方におすすめです。

 

「ロジクラ」で読み取りできるバーコードの規格詳細は次の通りです。

  • UPC-A and UPC-E
  • EAN-8 and EAN-13
  • Code 39
  • Code 93
  • Code 128
  • ITF
  • Codabar
  • QR Code  

 

以下の動画からiPhoneでスキャンする様子を確認いただけます。

 

 

iPhoneをバーコードリーダーとして使おう!

iPhoneをバーコードリーダーとして使うためには、次のポイントを押さえて適切な方法を選びましょう。

 

  1. 読み取りたいバーコードの種類
  2. iPhoneのiOSバージョン
  3. バーコードリーダーとしての用途

 

古いiPhoneでなければ、QRコードは標準カメラ、またはコントロールセンター内の「QRコードリーダー」で情報の読み取りができます。

 

古いiPhone・一次元バーコードを読み取りたい場合にはアプリを活用しましょう。

 

アプリは用途によって種類があります。「情報の読み取りをしたい」「在庫管理に利用したい」など、バーコードリーダーとして使う目的を意識したうえでダウンロードしてみてください。

 

 

 

ロジクラ概要資料

ロジクラの基本機能に関する概要資料です。特徴、主な機能、API連携、導入事例、導入までの流れなどをまとめています。

ロジクラは物流・発送作業のDXをサポートするSaaSソフトウェアです。自社倉庫や3PLのお客様には在庫管理ソフトウェア「ロジクラ」を、物流アウトソーシングをお求めの方へは物流代行サービスをご提供しております。こちらの資料では、ロジクラを導入される前のお客様の課題や、導入後の効果、ロジクラを使ったフロー図や導入事例等をまとめています。

是非ともダウンロードしご覧ください。