導入事例

「1人体制」の入出荷の負担を大幅軽減し、導入初月から出荷ミス「ゼロ」を実現!


楽天市場 # 楽天市場
Amazon # Amazon
  • 株式会社友吉商事

    桜木 友吉様

    イヤホンから消毒スプレーまで、人気商品を中国から仕入、日本国内でAmazon・楽天を中心に販売

    https://www.rakuten.co.jp/tomoyoshiya/

仕入は中国から。主要プラットフォームで勝負をかける。

こんにちは。本日はどうぞ宜しくお願いいたします!早速なのですが、御社の事業内容を教えて頂けますか。

はい、弊社では主に中国で生産されたイヤホンやモバイルバッテリーなどの電化製品を輸入し、日本で販売しています。

なるほど。SKU数や、月あたりの出荷数はどのくらいですか。

今は40SKU程ありますね。出荷数は月あたり100~150個程度でしょうか。仕入・在庫管理から発送まで、日本国内では私1人で行っています。
中国側に、ECのシステム管理と日本への発送を行っている従業員が別に1人います。

ありがとうございます。EC以外に卸や店舗販売等は行っていらっしゃいますか。

いえ、ECのみですね。Amazonと楽天に出品しています。

主要の2プラットフォームで勝負されてるんですね!有難うございます!


誤発送、在庫の不一致、中国へのリアルタイム情報提供…課題解決のために複数サービスを比較検討

ロジクラをご利用頂いて2カ月ほど経過したと思いますが、そもそもご導入いただいたきっかけを教えて頂けますか。

はい、先ほど申し上げた通り、発送や在庫管理は私1人で行っているのですが…SKU数が増えてきて、エクセルでの在庫管理に限界を感じ始めました。 発送ミスも増えてきていましたし、在庫数量の管理ミスが増えた結果、欠品が増えてきたことも問題でしたね。ロジクラを知ったきっかけは単純です(笑)。 検索エンジンで「在庫管理」といれて出てきた複数のサービスをトライアルして、最終的にロジクラさんに決めた、という感じでしたね。


シンプルで使いやすいロジクラの速やかな導入で山積みだった課題を一掃!

複数のサービスと比較検討してご選択いただけたとはとても嬉しいです!決め手となったのはどんなところでしたか。

シンプルで使い方がわかりやすい」、というのが一番でしたね。商品マスタの登録等の初期設定もサポート頂きながらcsv取り込みで簡単にできましたし、スマホで検品がすぐできる、という点も大きいです。 中国の従業員が入荷予定をロジクラ上で作成して、こちらに到着したときに検品して付け合わせをしています。クラウドサービスなので、中国の担当者にもリアルタイムで在庫情報をシェアすることができます。

「お客様のわかりやすさ」にこだわって作ったサービスなのでそういっていただけると本当に有難いです!在庫管理や検品の煩雑さ、欠品などの従来の問題は、ロジクラ導入後に解消されましたか。

はい。在庫管理については、エクセルの手計算よりロジクラで管理した方が圧倒的に早いですし、ミスがなく、中国/日本双方の連携もしやすいです。 仕入れをしている中国側からみても「あ、この在庫がない」とすぐわかりますからね。欠品も導入後減っていますし、あっても出荷処理をするときにエラーメッセージで知らせてくれるので、すぐにわかります。 お客様に対して、迅速に出荷が遅れる旨を連絡することができるので助かっています。


中国から日本に販売網を持ちたい企業のために発送拠点としてより拡大していきたい

ここまで色々ロジクラの使い心地について教えていただきました!最後に今後の事業展開をどのようにお考えか教えてください。

今は自社で取り扱っている商品の発送がメインなのですが、そちらも拡大させつつ、やはり中国の小売のお客様の「発送代行業務」をどんどん増やしていきたいと考えています。

それはニーズがこれからも増えそうですね!今後に期待です。ロジクラで今の内から物流を効率化させ、従業員が増えたときにも混乱することなく事業拡大の後押しができるよう、我々一同頑張っていきたいと思います!本日は貴重なお時間を頂き、本当に有難うございました!


この記事は2020年4月のインタビューの内容を元に原稿にしたものです。